スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ
にほんブログ村

宅建を一発で合格する方法とは? パート3

前回の記事は、

「 他人に教えるという勉強法 」

について書きました。
今回の記事から読み始めた方は、
 :宅建を一発で合格する方法とは? パート1 
から読んでくださいね。

前回の記事では、
他人に教えることによって勉強の成果が飛躍的に増す理由を書きました。

今回は、その具体的な事例をご紹介したいと思います。

◯四肢択一式の問題を出す

宅建試験は、1問の問に対する答えが4つ提示されて、
その中から1つ選ぶという形式をとっています。

例えば、

「 ~に関する問題。これこれこのような時、
  以下の4つの中から正しいもの(誤ったもの)をひとつ選びなさい。 」

こんな感じです。

宅建試験と同じ形式の問題を、勉強仲間同士で出し合い、
問題を出した人が責任をもって答え、解説する。

このスタイルが、他人に教える基本形です。

各自がテキストを読み、過去問を参考にしつつ、
問題制作にあたります。

宅建の問題は、法律系の回りくどい文面になっています。
その雰囲気を崩さない言い回しで問題を出す。
普段の話し言葉で問題を出しては効果半減です。
それによって、そういった言い回しにも慣れます。
問題を出す人は、万全に下調べをし、間違った問題を出さないように気を付けます。
そうやって問題を精査していると、自分自身の問題への理解力がかなり増します。

そうやって万全に考えられた問題を、仲間に出します。
仲間は、24時間以内に回答。
このとき、仲間はただ答えを述べるのみに徹します。
そして、24時間後、問題を出した人が、
責任をもって回答、解説します。

この回答・解説に納得いかない・疑問点が残る仲間がいれば、
それについて質問します。
そして、問題を出した人がそれに説明を行います。
そして、みんなが納得行った時点でこの問題は終了、
次の人が問題を出します。

◯まとめ

上記の流れをまとめると、

1:四肢択一式の問題を出す
 2:24時間以内に参加者が答える
  3:問題を出して24時間後、問題を出した人が回答・解説を行う
   4:参加者全員で精査し、結論に至る


この繰り返しを行うだけでも、
 :宅建を一発で合格する方法とは? パート2
でご紹介した効果により、
普通の独学レベルの約4倍の理解力を得ることが可能なんですね!

「 強い感情が記憶力を増すという法則 」

これをいかんなく発揮するのが、

「 他人に教えるという勉強法 」

なんですね。

:楽しい
 :責任感
:プライド(虚栄心)
 :はずかしい
:喜び
 :充実感


さまざまな感情が芽生え、それが記憶力を増大させるんです。

一回、取り組めば、後は楽です。
どんどん問題を出したくなりますし、問題を出されたくなります。
そして、その解説を聞きたくなりますし、間違いを正したくなります。
あやふやな知識の精査にもつながり、自分の持っているテキストにない、
内容にも触れることが出来ます。

「 他人に教える 」

というだけで、数え切れない感情が働き、
思考回路の回転数が通常の何倍にもなり、
どんどん宅建の知識が吸収されて行く。

この方法は、誰にでも使えます。

次回は、

宅建の勉強仲間の集め方について、
教え方のさらなる効果アップ法について、

書きたいと思います。

にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 資格を取ろう!
ジャンル : 就職・お仕事

宅建を一発で合格する方法とは? パート2

前回の記事の要点は、

1:通常の勉強法では、宅建合格率は10%以下
2:強い感情を伴った出来事は脳に記憶されやすい

と言うことでした。

で、今回のテーマ、

「 強い感情を伴って記憶するって、どうやってやるの? 」

です。

◯他人に教える

実はこれが一番簡単な方法なんですね。
抽象的なことでもなく、誰にでも実効出来、そして様々な感情が芽生える方法。

「 他人に教える 」

自分の趣味について他人に話す、
今朝のニュースについて他人に話す、
本で読んだことを他人に話す、
海外旅行に行った時のことを他人に話す、
昨日食べたレストランの料理のことについて他人に話す、

何故人はこういったことをするのでしょう?

「 楽しいからです 」

簡単に言ったらそういうことです。
他人に話すことは楽しいんです、だから話す。

自分の経験したことを他人に話す、教える事、
これを楽しいと感じる、楽しいと言うプラスの感情が芽生える。
楽しいという感情は、人間の感情の中でも強い感情の部類です。
そして楽しいという感情は次の行動へと更にあなたを駆り立てる原動力になります。

「 楽しいという感情を芽生えさせる一番の方法は、他人に話す・教えること 」

これを宅建の勉強に活かさないわけにはいかないですよね?

私は、2007年度の宅建受験に際し、これをとことん実行しました。
だから、勉強がとても楽しかったですし、どんどん宅建の知識を記憶することが出来ました。

更に教える側に回ると、教えることに対してプロ意識が芽生えます。
バイクが好きな人は、バイクのことを人に話したい、より詳しく、
そうなると勉強・実践しますよね?色々話すには事前知識が必要です。
他人に教えるという行為は、こうやって良いサイクルを生み出すんですね。


はい、今回の記事は、
宅建を一発合格するための方法で最重要項目、

「 他人に教える 」

について書きました。
次回は更に具体的に、どうやって教えるのか?その基本ルールについてです。

にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ
にほんブログ村

テーマ : 資格を取ろう!
ジャンル : 就職・お仕事

宅建を一発で合格する方法とは? パート1

はじめまして、管理人のピッチャーハヤシです。

このブログは、これから宅建取得を目指して頑張ろうと言う方に向けて、
その秘訣を伝授(偉そうですいません)しようという試みで始めました。

◯管理人のプロフィール

私は、2007年度の宅建試験を受験し、一発で合格しました。
不動産関係の仕事についていたわけでもなく、
法律関係の勉強をしたことも有りません。
全くの初学者でした。

2007年の4月に勉強を初めて、
8~9月頃には、一発で合格出来る確信を持ったわけですが、
最初は不安でしたね。

分厚いテキストを見て、

「 こんなの憶えれるのか? 」

とかなり尻込みしたのを覚えています。

ですが、勉強法を確立し、それに乗っとって
進めて行くうちに、自然と自信が湧いてきました。

試験日前は、徹夜をすることもなく、
余裕でしたね。

◯宅建にしろ何にしろ、勉強の仕方しだいで決まる

宅建合格を目指す方のほとんどが、独学で目指しておられるのだ思います。
中には、通信教育や資格学校に通学する方もおられることでしょう。

ですが、現実、宅建受験者の85%は不合格、
合格率は15%しかありません。
実際勉強を初めて、受験さえしなかった方も含めると、
合格率は10%以下と言うデータも有ります。

つまり、宅建はそれなりのレベルの資格だと言うこと。

しかし、以上のような結果になる根本的な原因は、
宅建自体の難易度から来るのではなく、
そもそも、 「 勉強する 」 という行為が、
間違った方法によって行われているからなんです。

「 勉強とは、記憶すること 」と言っても過言ではありませんよね。
だとすれば、如何に効率良く記憶出来るようなスタイルを取るか、
が決め手になってくるわけです。

例えば、通常の独学スタイルは、
家で一人、テキストとにらめっこ、
過去問をひたすら解きまくる。
こんな感じでしょう。

このスタイルでは失敗します。

何故か?

「 効率良く記憶出来ない 」 からです。

更に何故か?

「 強い感情が伴っていないから 」

なんですね。

「 どういう事? 」

はい、こういう事です。

あなたは、三日前に食べた夕食のメニューを覚えていますか?
まあ、ほとんどの方が思い出せないですよね。
では、初デートの時の一日の出来事は?
結構覚えているはずです。
これは、脳が強い感情を伴った出来事を記憶する、
という仕組み上、自然なことなんです。

脳は、強い感情を伴った出来事は記憶する。
つまり、強い感情を伴わせることができれば、
色々なことを記憶出来る、という事ですよ。


はい、結構長文になりましたね。
今回の記事で言いたかったことは、

1:通常の勉強法では、宅建合格率は10%以下
2:強い感情を伴った出来事は脳に記憶されやすい

この2点です。
次回は、「 強い感情を伴って記憶するって、どうやってやるの? 」
これに迫りたいと思います。


にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ
にほんブログ村

テーマ : 資格を取ろう!
ジャンル : 就職・お仕事

プロフィール

ピッチャーハヤシ

Author:ピッチャーハヤシ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2チャット
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。